1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

本音はもう話したくない同僚

職場では毎日、あーんなことを言われたり、こーんなことをことを言われたりします。心穏やかに、1日を終えたいと願うばかりですが、わたしの職場ではなかなかそうはいきません(涙)。なのでまぁ、誰から何を言われても、お地蔵様のように反応しないようにしているんですが、やっぱり人間関係って、割り切れないんですよね。

1人だけ、本音ではもう二度と口も聞きたくない人がいます。

どうしても許せないことが、あったからなのです。しかし、仕事では、表面上は普通に接しますよ。その代わり、ちょっとでもプライベートでは話しをしません。別に、意地悪してるわけではないですしね。これを露骨に繰り返すうちに、向こうも何か感じたんでしょう。必要以上に話しかけてくることは、今はなくなりました。

嫌だな、と思う相手全員にこの手を使ってしまうと、やっぱりコミュニケーションがギクシャクするわけです。それに、自分だって、知らず知らずのうちに、相手の嫌がることをしてしまっていることだってありえます。お互い様って思うこと、誰にでもあります。

わたしが、これは許せない、と思ったのは、次の事情なんです。

義父が亡くなって、1週間後に出勤しました。義父は入院こそしていたものの、突然に近い形で亡くなってしまいました。遠方でもあり、お葬式やら後始末やら、家の片づけやら近所への挨拶やらで、1週間ほどお休みしました。職場の同僚には、迷惑をかけてしまいました。でも、仕方がありません。お葬式なんですから。

出勤後、仕事の引継ぎやら経過を聞いて回り、この度はすみませんでしたと頭を下げて回りました。手土産も配りました。それに対して、皆、お悔みの言葉を言ってくれました。と言っても、そんなに大仰なものではありません。別に、形の上のことです。

ところがこの同僚は、わたしの顔を見るなり、文句を言ったのです。ほとんど、怒鳴るように。「なんで連絡しなかったの?どんだけ大変だったと思ってんの?ちょっと信じらんないだけど。へー、旦那の親がねぇ。自分の親じゃないんでしょ。」お悔みの言葉は一切ありませんでした。

迷惑をかけたのは事実です。わたしのやりかけの仕事を引き継いだ彼女には、それは大迷惑だったでしょう。でも、そんな大それた仕事ではありません。社運をかけた一世一代の大仕事、なんてわけもありません。ごくごくふつーの、毎日のルーティンの仕事です。手に負えなかったのなら、上司に相談に行けばよかったのに、と思いました。

お悔みの言葉がなかったから、腹を立てているわけではありません。こんな人に、どんな言葉を貰っても、嬉しいとは思わないです。

でもわたしは、この人がこの先どんなに困っても、もう助けてあげようとは思いません。仕事のこと以外で、話すことはもう二度とありません。さすがに、何かがプッチンと、切れてしまいました。