1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

職場でコロナ感染が出ました(初)

ものすごい勢いで、感染が広がっています、BA5(←職場では、バの5と呼んでいるw)。2年前、なんかわからんけど感染したらもしかしたら死んじまうかもしれんよ、的な怖さが薄れたせいでしょうか。それとも、やっぱり超強力な感染力でしょうか。

人の密集している東京に比べたら、こんなクソ田舎では、身の回りにコロナ感染者なんていませんでした。

職場でも、近所でも、感染したという人に出会ったことがありません。ちらほら、噂に乗って、耳に入るくらいでした。しかし、今回はヤバいです。職場で感染者が出たのです。同時に2人です。

本人も、一体どこからもらったのやらまったく心当たりがない、と言ってるそうです。ご家族に子供など、若年層がいる方ではありません。毎日電車に乗っている人でもありません。

しかしうちのように、少人数で回している職場では、普通に人間の数が減ると影響が大きいです。有休で休んでいるのと違って、1日2日では出勤できないからです。

幸いその方とは、フロアーが違うので、直接の濃厚接触者にはなりませんでした。しかし、もともと感染経路が不明なのですから、気をつけようがありません。

そんな心配せんでいいから、とりあえずご本人の健康を心配してあげなよって話しですが、それがどっこい至って軽症?らしいのです。ワクチンの副反応のような発熱や辛さは、初日だけだったらしいです。人によって、だいぶ症状の出方が違うみたいですね。家にあった鎮痛剤を飲んで、10時間以上も寝込んで、次の日の朝はもうだいぶ収まったとか。

むかーしむかし、2009年に、新型インフルエンザが大流行したときです。

子供の通う小学校のクラスでは、

1日目→欠席者2、3名。

2日目→10名欠席。

3日目→うちの子もついにダウンして、学校に電話したところ、先生「今日はまだ誰も登校してないんです。おそらく全員欠席だと思います」この時は、開いた口がふさがりませんでした。BA5も、このくらいの感染力を持っているのでしょうか。

コロナ感染では、1日くらいで収まってしまう人、ほとんど無症状の人、かと思えば1週間以上も水分しか摂れず、高熱に苦しむ人もいると聞きます。同僚の旦那さんは、出張先でコロナが判明してしまい、ホテルに1週間以上も軟禁状態だったとか。症状は軽かったものの、本人は毎日ホテルの部屋で洗濯に励む日々だったらしいです。こんなケースもあるんですね。同僚は、もしも朝起きて来なかったらどうしよう・・と、毎朝毎夕電話していました。

それでも、新聞の旅行の全面広告は、毎日出ています。需要があるんでしょうね。この夏、この先、どうなっていくのでしょうか。。