1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

親の宗教のせいで、離婚に至った人

宗教と政治の話しは、なんとなく書きづらいものです。まったくもって、個人の問題でしょ、と言われたら、まさしくその通りですから。

90年代、桜田淳子の合同結婚式とか、芸能人の入会とか脱会とか、色々世間を騒がせた統一教会。あれだけ問題があったのだから、もうなくなったのかと思っていました。その後オウム真理教が出てきて、わたしはとっくに忘れていました。

昔、コンビニ工場のパートをしていた時代、身近にこの問題で悩んでいた人がいました。

30代で、地元の方でした。同じラインの仕事を一緒したとき、その方は、まだ結婚したばかりなの、お見合いでね、と言っていました。まだお若く見えたし、こういう田舎はまだまだお見合いとか多いのかしら?と思いました。しかし、他の人の噂を聞くと、夫さんのご両親が何がしかの宗教に傾倒しており、夫さんは入信していないものの、何かと問題があるようでした。当時、結婚してすぐここに働きに来たようです。妊娠するまで、稼ぐつもりなんじゃないの、なんて言う人もいました。

それから数年が経ち(わたしは10年近くここで働きました)、この方の名字が変ったことに、気づきました。わたしは、どのグループにも所属しない形で勤務していたので、しばらく知らなかったのです。現在のように、旧姓を尊重してくれる職場でもありません。こりゃ離婚したか、と思いました。それとなく、他の同僚に、(○○さんて、離婚されたの?)と聞いてみました。

そうしたら、元夫さんの親の命令で離婚、そして半年ですぐ再婚されたというのです。なんでも、その再婚のお相手も、元夫さんの親の指図する人というのです。は??どういうこと?ちょっと、理解不能です。

その親御さんが、何の宗教に入っているのか、ということはわかりません。でも、夫さんも彼女も入信していないというし、ずっと勤務も続いているし、勝手に順調なんだと思っていました。

まぁ詳しいことはわかりません。しかしその親御さんは、ご夫婦に頻繁に命令や指図をしてきて、まだ生まれてもいない子供の名前まで決めてしまったそうです。そして、最終的には家に住み着いていたそうです。これは、夫さんがどんなに良い人でも、離婚を考えるのは当然です。

理解できないのは、その離婚も、他の人との再婚も、その元夫さんの親が指図したというのです。そんなことって、あるんでしょうか。なぜ、そんな話しを無視しなかったんでしょうか。彼女も、洗脳されてしまったのでしょうか。

とても素直で優しい性格の彼女に対し、皆、口を揃えました。とてもそんなこと聞けるわけないよ、聞いたってどうしようもないじゃん、第一怖いよ、別に困ってるとか、助けてほしいとかも、聞いてないし、と。確かにそれはそうで、わたしも直接聞いたりはしませんでした。出来ませんでした。

わたしが退職するときも、彼女はまだ在職していましたが・・。そのあと、彼女がやめたとは聞いていません。お子さんが生まれたという話しも聞きません。離婚の噂も届きません。ですが、やはり幸せに暮らしていて欲しいと願っています。