1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

10年後は、盆休みに混んでいるところで働けばいいんじゃ?

盆休み、4日目に突入です。

引きこもり、4日目でもありますw。

そろそろ車を動かさないと、バッテリー上がっちゃうかなと心配だったので(昭和感)、スーパーへ旅してきました。ちょっと遠くの、大き目のスーパーです。買い物、10日くらい行っていません。

もっと耐えたのですが(あと3日はいけた)、ホントに少し歩かないとまずいです。あっという間に体力が落ちてしまいます。仕事に行っていれば、建物内とはいえ、ウロウロ無駄に歩数を稼げるのですが。

わたしが、今の職場で働くようになってから、15年以上になります。

それまでの10年近くを、たびたび書いているように、コンビニ工場のパート勤務で過ごしました。

この仕事は、嫌ではなかったし(今は真逆)、同僚同士の会話が楽しくてストレス解消にもなったし(今は真逆)、年中少し寒い環境での立ち仕事(これも今は真逆)でした。当時は子供も年少だったため、勤務時間も短かったです。夫もまだ、正常に働いていましたしね。ただ、何年やっても、何らかの新しい技術が身に着くとか、積みあがるとかいったことはありませんでした。

当時は、とにかく四の五の言ってる暇があったら、まず走り出そう。先に働いたもん勝ちだ。

そんな気持ちで働いた10年でしたが、もしあの時に現在の仕事を選択していたら。あと10年早く、今の仕事を始めていたら。収入も、立場も、だいぶ変わっていたと思います。40歳からのスタートは、ちょっと遅かったです。これまで、そんな風に考える余裕もありませんでした。また、もしも論もありえません。でも今思えば、あの時転職を決心して、ぎりぎり助けられました。

どんな立ち位置の人間でも、最低自分1人の口を養っていける経済力は、絶対に必要です。

やっぱり、わたしは考えの甘い人間でした。夫のアレのせいばかりじゃないですね。夫の失職のおかげで、今の仕事に代わるきっかけが作れたともいえます。人生、何が糸口になるか、それを捕まえることが出来るかどうか、本当にわかりません。

しかし、定年が延長されたとはいえ、これからは給料も減ります。この先どんな仕事に回されるかわかりません。そして、その仕事は嫌です、と拒否も出来ません。わたしの場合、貧乏人のくせに、無駄にプライドが邪魔をするのです。明らかに、のけ者ポジションの職種に回されたら、多分我慢しきれないような気がします。

今日も、熱風吹き荒れる盆休みの中、夫は仕事に行ってます。わたしも、盆休みでも働き手が不足しているような、高齢になっても続けられる仕事を探しておかなければと思うのです。何しろ、この年まで「いらっしゃいませ」系の仕事をしたことがないもので・・。

↓こんな仕事もあるんですね、驚きました。

今日の新聞の求人に載っていました。わたしでも出来そう(笑)。行くのに3時間以上かかるんですけど、交通費出してくれるかしら?