1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

買わなくては、という思い込みと先入観を捨てる

毎日のニュース、さらなる円安と、さらなる物価高騰の話しばかりが目につきます。しかし、何がどう高くなっても、何かを買ってきて、毎日食べなければなりません。食べさせなければなりません。

でも買い物って、なんとなく買うモノが、決まっていませんか。

パン?ハム?お菓子?サラダ油?冷凍食品?買わなくても、わたしなら全然大丈夫。

もともと、加工品、工場製造品は割高なものです。という思考から、あまり普段から買わないからです。

肉、魚、野菜、何でも素材を購入した方が、安く上がります。手間を省いて便利になっているものほど、高いのは当たり前です。栄養面は言うに及びません。

人によっては、便利さや時短の方を優先する人もいますから、一概にどうとは言えないですが、食品関係はけっこう代用で、何とかなるものも多いような気がします。

ハムとかは、中身の原料費だけじゃなくて、あれを製造する過程でも費用が増大してるのです。綺麗にパッケージされている、あのフィルム。機械を動かす燃料。工場の電気代ガス代、全般値上がりしています。ハム、絶対買わなければならないものでは、ないはずです。鶏むね肉で、自分でなんちゃってハムを作り、スライスして代用できます。

油は爆上がりしました。天ぷらなどの揚げ物は、それでもお惣菜を買ってくるよりは、自分で作った方が安く上がると信じています(笑)。コロッケ3個買うお金で、サラダオイル1本買えますもの。なので、これまでも出来合いの天ぷらとか、1度も買ったことがありません。揚げる鍋(フライパン)を小さなものにして、そこから1~2㎝くらいの高さの油で揚げ焼きにしています。以前のように、大量に作ることもなくなったので、充分です。

残った油はとっておいて、炒め物に使い回します。人によっては、揚げ物1回で、使い切りにしてしまうようですね。昔は、オイルポッドに漉し紙を通して入れていました。今はもう面倒になって、残った油は、空き瓶に入れてます。

醤油など、調味料類のお値段も気になりますよね。やはり、お気に入りのものがありますし。でも、ドレッシングやめんつゆなど、それ専用のものを買ってしまうと、融通がききません。買うのだったら、兼用がきくものがいいです。美味しい味噌や醤油は、それなりにお高いですからねぇ。

何でもそうですが、当たり前のように買っていたものも、その当たり前から外れてみると、違う世界が見えてくるように思います。それが案外、新鮮な驚きだったりします

「買わなくては」「買えない」と思うと、気持ちがへこみますが、「(あえて)買わない(という方法を選択する)」「買わない(ですます工夫をする)」と思うと、ポジティブな気持ちになります。何でもかんでも、買ってきさえすればいいと思わず、自分の頭で1回思考する、工夫してやってみる、という姿勢は必要だと思います。