1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

義母の見方は当たっていた

これは結婚してまもなくのころです。まだ子供も生まれておらず、お盆に帰省し、義母と話していた時のことです。

何かの拍子に義母が、あの子は思いやりがないから(わたし)さんには申し訳ない、とわたしに言いました。わたしは、驚いてしまいました。夫のどこが、思いやりがないというのでしょう。まったく、思い当たるふしがありません。

そのことを夫に話すと、確かによくそう言われて、注意されたと言います。思いやり?がない??結婚当初の夫は、やさしくて穏やかで気遣いもしてくれて(これは後にわたしの勘違いだと気づく)、何をもって思いやりがないなどというのか、当時は理解できませんでした。

ですが、今ならわかります。

「思いやり」ではなく、「想像することが出来ない」「想像力がない」ということを、義母は言いたかったのです。「相手側の立場になって、考えられない」ということだったのです。夫は、ちょっと先のことになると、もう考えが働かない、考えが及ばないのです。

例えば、今仕事を失って、家族の生活費はどうするのか、子供の学費は来年からどうやって払うのか。そんな考えがあれば、発作的に仕事を辞めたりはできません。

今、転職活動をしなければ、来月の給与は0。そんなこと、当たり前ですよね。普通なら、仕事を失えば、必死で次の仕事を探すはずです。運よく、今すぐ仕事にありついても、今月の収入は0。当然ですよね。先月仕事をしてなければ、今月の収入は普通にありません。

パチンコなどに使う時間も金もないし、出さないのが普通ですよね。だって、入ってくるものがないのだから。そんなことも、言って聞かせてやらなければわからないのです。そして、わかったところで、パチンコもタバコも既に依存症になってしまって、やめられなかったのです。

今は、(多分)パチンコはやっていないと思います。でも、競馬の番組を夢中で見ています。陰で馬券を買っているかもと、疑っています。

わたしは正直なところ、夫の面倒はもう見たくないと思っています。こんな年月を送ってきたのだから、勘弁して欲しい気持でいっぱいです。

これは、専門的に調べたりしたり診断してもらったわけではないので、全然違っているかもしれませんが、義父はまったく片付けの出来ない人でした。

義母はいつも嘆きながら、家の片づけに追われていました。義父は地元ではなかなか立派な人で、本を出したりもして、地方の名士的な人間でした。駅からタクシーに乗り、名前を言えば、どの運転手さんも夫の実家を知っていました。いつも機嫌よくやさしく接してくださり、わたしは一度も嫌な思いをしたことがありません。

しかし、この辺が夫に実によく似ているのです。頭の良さ、印象の良さ、人柄の良さ・・。夫の発達障がいは、この義父から来たものではないか、と思うのです。