1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

貧乏旅の思い出~わたしも子供も青春18切符

この夏、旅行など計画していらっしゃる方も多いのでしょうか。もう、自由に旅行しても、どこからも何も言われなくなりました。いってQでも、海外ロケやってますもんね。

コロナ感染でも、風邪程度の症状で済んでしまう人もいるし、後遺症がいつまでも長引く人もいるようです。ここにきて、どうとらえるかは、人によりけりです。インフルエンザだって、亡くなってしまう人もいるんですしね。

青春18きっぷ、ご存じでしょうか。

大昔からあり、有名ですよね。全国JRの普通列車・快速列車に乗り放題のフリーパスです。1日乗り放題を5日楽しめるor複数人で同じ日に使用することもできます。

下の子は大学の休みの時、この切符で、北海道から九州まで1人で旅しました。

聞いたとき、え、マジですか、と思っちゃいました。九州から、ここに帰省してきたのです。普通列車の旅は、わたしも経験がありますが、オケツがまっ平になってしまいます。

実はわたしも高校生の時、青春18きっぷで、東京から京都、奈良まで行ったことがあります。

当時は、東京ー大津(滋賀県)まで、1本の電車で行けたんですよ。夜中の12時近く発車の列車でしたが、嬉々として東京駅から乗ったことを覚えています。わくわくでしたね。4人がけシートで、ほぼ寝られませんでしたが。

学生時代の長期休み、人生の貴重な時間だと思います。このコロナで、家で長い時間PCに張りついて過ごしている若者には同情します。若者でなくても、やはり、自分で決めて、自分で行動して、それで失敗したり、感動したり、好奇心を満たすという行為は、何よりの経験です。わたしも、この経験があったからこそ、結婚生活の中で絶望したり、落ち込んだり、迷ったり、どうしたらいいのかわからなくなって立ち止まってしまっても、再び歩き出せたような気がします。

もともと、ガイドブックに沿った旅よりも、フラフラ気の向くままの旅が好きなんです。まぁ、ここ30年は縁がないですが、この先機会とお金があったら、またやりたいです。

大人になってからは、青春18きっぷの旅を大きく逸脱して、バックパッカーのような旅をしたこともあります。飛行機を逃して、カラチの空港で寝たこともあります(謎の虫に喰われました)。子供も同じようなことをやってるんですよねー。親のこういう行動が影響したのかと思うと、悪いことをしたような、嬉しいような、複雑な気持ちになります。

子供はこれから、長い長い就労人生が始まります。つつがない人生を送って欲しいなんて言いません。そうじゃない人生になる方の可能性が、圧倒的に高いはずですから。たとえ、自分の思った通りの人生にならなかったとしても、自分で決断して、自分で行動して、その結果であれば納得できるはずです。人様に指図されたり、誰かの行動を真似たりするだけでは、結果的に不満だらけ、自分のせいじゃない感ばかりが残ってしまいますからね。(と、わかったようなことを言うw)。