1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

路上駐車の男

f:id:nikki-1965nen:20220417180730j:plain

ここのところ、自分の車の駐車場の対面に、時々路駐されることがあります。今までなかったことなので、この春、誰かが引っ越しやなんかで、出入りしているのでしょうか。車の出し入れはできますが、かなり邪魔で、目障りです。

昔、自治会の役員をやってたころ、やはり路駐問題が勃発しました。

↓このころ。

自治会で言われていた夫の噂 - 1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

近辺には、集合住宅が多い土地で(うちも)、なかなかまとまりのない区域でした。しかし、自治会はわりと機能していて、2週間に1回ほどは茶菓子持参で夜集まったものでした。

ある時、住宅街のいつも同じ所に、路上駐車をしている車が話題になりました。

路駐されるポイント箇所はいくつかあって、昼間はいないのですが、夜になるとどこからともなく現れて、一晩中路駐するのです。

近くの家の方は、かなり憤慨しておられました。自分の家の駐車場の対面に停められれば、誰だって腹立たしいです。

そこで、夜の集合の時、見回りをすることになりました。車種や時間帯、場所、ナンバーなどの情報を収集することになったのです。自治会の仕事の一環として、町役場や警察にも相談してみよう、という話しになりました。

ところが、いつも同じ男が車から降りてきて、いつも同じアパートに入っていくのをしょっちゅう見かける、という方がいました。だから直接その家に行って、迷惑している車をどかして欲しい、と言えばいいんじゃないか、と。

すると自治会のメンバーの中に、そのアパートの家が誰の家なのか知っている人がいました。

あそこは、3年生の〇〇ちゃんのうちだよ、ママと〇〇ちゃんの2人暮らしだよ。この一言で、えーーーとなってしまいました。

まぁ、それからは、出羽亀ちっくな会議になってしまったわけです。

「あそこんちの奥さん、昼間は何してんの」「へー男が通ってきてたわけだ」「〇〇ちゃんって一人っ子?」「あっそうなの?!知らなかったよ~」「〇〇ちゃんち、離婚したのいつだっけ?」などなど、下衆の勘ぐりがしこたまやり取りされました。わたしは、黙って聞いてました。

別に後ろめたいことはありませんが、こういう話題って、いつ自分に火の粉が飛んでくるかわかりません。うちのアレな夫だって、表立って言われないだけで、周知の事実ですからね。黙って大人しくしているに、こしたことはありません。地域のコミュニティって、そんなもんです。

結局、痛い目を見ないと態度は改まらないでしょうと警察に言われ、常習犯の車の場所、時間帯を調べ、警察に情報を渡しました。

その後、1年の任期が終わり、役員から解放されました。〇〇ちゃんちに出入りしていた路駐の男は、どうなったかわかりません。路駐問題はしつこく、次年度も息を吹き返したと聞きました。

当時、手作り感満載の、「迷惑駐車、やめてください!」みたいなチラシを皆で貼って歩きましたが、小馬鹿にされたように道路に捨てられて、結局ごみ拾いするハメになりました。

↓こんなステッカー、売ってるんですね

本物とよく似てます(笑)。最初からこれ貼っておけば良かったんじゃないかと思います。うちの路駐問題も長引くようでしたら、貼らせていただきます。

駐車違反ステッカー