1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

氷を大量に入れる~夫の飲酒の謎

毎晩毎日欠かさない、夫の飲酒。むしろ、飲まない日は体調が悪いのだとすぐにわかります。ま、そんな日は、1年で2、3日くらいです。

この飲み方ですが、ものすごい大量の氷をグラスに注ぐのです。

これも毎日毎晩春夏秋冬問わずです。真冬でもです。お酒の好きは方なら、「すぐぬるくなっちゃうのは、美味しくないからでは?」て、言うと思います。

しかし、夫のグラスは、サーモスの保冷タンブラーです。これは、結露もしないし、保冷保温効果が抜群です。我が家ではこのグラスを日常的に愛用しています。

↓参考までに。

なので、大量に氷を入れても、それ以上は冷えないわけです。なのに、最初の一口を飲んだら、すぐに氷を追加に冷蔵庫に行きます。常に、氷が満杯でないと、気がすまないようです。毎度毎度、冷蔵庫の前でガラガラうるさいです。

ここのところ、急激に暑くなりましたよね。たまには、氷を入れた冷たいお茶でも飲もうかとすると、大体氷はなくなっています。それでも足りなくて、冷凍庫にも氷を買ってきて入れているのです。しかも2袋も。冷凍庫が場所封じになって、困ります。

冷たいものは、胃腸にもよくないです。子供だって、知ってます。体温より低い飲み物を摂らないという人もいます。中国では、この考え方が顕著で、特に小さい子供に氷入りの飲み物を与えたり、お産した後の女性には冷たいものさえ触れることは禁忌です。

氷を食べているわけではないので、「氷食症」ではないと思います。むしろ、例のアレで、ただの習慣という名の病気を発症しているだけのようです。この、ルーティンを必ず踏まずにおれない、というのは、自閉症などにもみられる症状です。

しかし、この習慣はここ数年に始まったわけではありません

もう10年以上はやっているのではないでしょうか。毎晩毎晩、こんなに氷の入ったアルコールを飲む人っているのでしょうか。アル中ではないと思いますが(そう信じたい)、欠かせないのも事実です。もっとも、タバコも欠かせないので、どっちに転んでも、身体によくないことをしているには違いありません。

自分で自分のやっていることを、客観視できないんでしょうね。酒やタバコで、暴れたり暴言を吐いたり(気味の悪い独り言は、ときどき言ってるけど)はないので、実害がないところで放ってありますが。身体を壊したりすれば、自分も苦しむし、家族には迷惑になるし、これまでの行いから自分は介護もしてもらえなさそうだっていうのが、わからないんですかね。

夫を見てると、ただの習慣で生きている動物や虫のように見えるんですよね。情けないです。せめてこども達には、迷惑をかけないようにしないと。