1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

あおり運転に遭いました~死ぬかと思った

f:id:nikki-1965nen:20220326132109j:plain

あおり運転って、本当にあるんですね。ニュースで見聞きはしていました。経験したことある人の話しも聞いたことがあります。でも、どこかで他人事でした。まさか、自分がこんな目に遭うなんて、想像していませんでした。

だって、そうなった原因が、皆目わかりません。わたしは、どちらかというと、自分がうっかりあおってしまわないよう注意するくらい、車のスピードを上げて走るタイプなのです。この辺の県道なんて、80Km出して走る車は普通です。こんなことを言うとひんしゅくを買いそうですが、ノロノロ運転の車は追い越してしまいます。

事件は、通勤途中で起こりました。いつものように、いつもの田舎の県道を走っていたところ、いつの間にか後ろの中型トラックがケツにぴったりついているではありませんか。え、いつの間に?と思って、慌ててスピードを確認したところ、70Km/h以上のスピードは出ています。わたしの前には車もいて、そんなに車間距離があいているわけでもありません。

運悪く、その前にいた車は、途中で曲がってしまいました。なので、仕方なくスピードを上げたのです。走っていたところは、右に左にくねくね曲がっている道で、左右に一時停止できるような道路幅がありません。できれば、空地のようなところに停車して、やり過ごしたかったのですが、しばらく先まで行かないとないのは分かっていました。

後ろからあおってきているのは、明らかでした。運転手と助手席に、中年の男性が座っています。そして、2人ともニヤニヤ笑っているのです。談笑していて、うっかり車間距離が詰まってしまったのかとも思いました。でもその考えは、秒で消えました。

運転している側からすると、いつぶつかってもおかしくない車間距離です。え!え!え!と、自然に声が出てしまいます。車が退避できる場所まで、どのくらい走ったでしょうか。時間にすれば、そんなに長くなかったのだと思います。でも、車を停車させたときは、頭がかーっと熱くなって全身がしびれるような緊張感でした。そのトラックは、そのまま走り去りました。

まるで傷ついて弱っている獲物を、なぶり殺しにかかっている猟犬のような気配を感じました。明らかに遊んでいました。人の命をおもちゃ代わりにして、遊んでいました。

職場についてこのことを話すと、わたしの車はドライブレコーダーを前にも後ろにも装着しているので、今からでも通報したらよいと上司が勧めてくれました。わたしも一瞬考えました。でも、その場でレコーダーの記録を確認する手間もあり、すぐ取りかからねばならない仕事もありで、結局そのままにしてしまいました。

帰宅して、SDカードをPCで確認しようとしたところ、強烈な恐怖感が襲ってきました。怖くて、まともに見れないのです。あの時の、あおられた恐ろしい時間が再現されそうで、とても見れないのです。結局、これはこどもに見てもらいました。ナンバーは地元で、運転手の顔もはっきり映りこんでいました。運転手の口角は、やはり上がっていました。見間違いではなかったのです。恐ろしい人間が、普通に運転しているという事実にぞっとしました。

長くなるので、明日に続きます。