1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

猛者が集合~職場の弁当風景

職場周辺は、本当に田舎です。つい近年、車で行ける距離にセブンイレブンが登場したときは、皆歓喜に沸いたものでした。

それまでは、もはや狸の食堂しかないようなところでした。

公共の交通機関といったものが皆無なので、全員車通勤です。通勤は良いのですが、結局車は自腹で購入しなければなりません。会社は、ガソリン代出してんだから文句ないだろ、といった姿勢です。これ、ホントやめてほしいです。こういう事情は、うちの会社だけではないでしょうが、車って安くても100マンくらいします。車がなければ、仕事に来れないのは、日本国民として不平等(?)だと感じます。

そんな職場の昼食風景は、もう何でもありの秩序なしです。

そういうわたしもだんだん感化されて、猛者の一員になり下がってしまいました。

無難にコンビニで何かしらを買ってくる人は、少ないです。というのは、その光り輝くたった1軒だけの貴重なセブンイレブンに、田舎民が大挙して押しかけるので、品切れが続出するからです。

かといって、独身者が多いうちの職場。弁当などという代物を制作してくる輩はおりません。

【バラエティーに富みすぎの昼食風景】

・残り物をタッパーに詰める&残り白米をタッパーに詰める→上級者(わたし)

・冷食のパスタ、ピラフ→上級者

・皿に白米&カレーやシチューのレトルトを持参→中級者

・皿に白米、その上から直にカレーをオンしてラップ、持参→以下外道

・持参した皿に、残りモノとチーズを乗せ、ラップしてチン(間違った料理)

・残り味噌汁と白米→投入して猫まんま(美味しい)

・ヤマザキのバターロール的なものを袋ごと持参(それと珈琲だけ)

・シチューの残り物にパンを投入(美味しい)

・水道の蛇口から直にカップ麺にお湯を投入(呆れ)

・白米とお茶漬けの素を持参(美味しい)

・白米とふりかけ(貧乏飯)

・茹で卵と食パンとジャム

・ウインナーを袋ごと冷蔵庫に保管→チンして白米のおかず

などなどなど、まぁ人目を気にしない昼食風景です。

家にあるもの何でも持参して、食べれればOKといった感じです。すき屋の牛丼とか、コンビニの弁当とか、なぜかいないんですよねー。

別の部署は、また違うようです。昔、コロナになる前は、一緒に食べたりしたこともありました。こんな乱痴気弁当の人は、いませんでした(笑)。