1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

結婚して30年・・夫は発達障がいかもしれません

夫の抜け毛がひどい(キモイ)

男性にはつきもの、そう薄毛とハゲ、ですね。ハゲには、河童ハゲとか、M字ハゲとか、前髪前線後退ハゲとか、様々なタイプが存在するようです。また、始まりの時期、進行の具合、これも人によって千差万別みたいです。若いうちからハゲに悩む方もいれば、うちの夫のように60代半ばに差しかかろうとしても、全然大丈夫の人もいます。

夫は、稼ぎの方はさっぱりなのに、いつまでも黒いお頭がご自慢です。

いえ、エッヘンとか自慢しているところを見たわけじゃないです。しかし生意気にも、自分用のシャンプーとコンディショナーを買ってきます。わたしなんて、地域最安値のシャンプーを使っているのに。

ところが、です。白髪の量もわたしよりぐっと少なめな夫ですが、最近髪の量が目減りしているようなのです(嬉)。

まず、枕にいっぱい短い髪がついてます(嫌悪)。畳にも、散らばってます(キモ)。洗面所にも、落ちてます(汚染)。これまで、洗面所に落ちている髪の毛と言えば、上の子の長い髪の毛と相場が決まっていたのですが、洗面台の中(!)にも散らばっているのです。これはもしや、ゲーハーが進行しているのでは・・。

いつものようにTVに夢中になっている夫に、背後から近づいてみました。頭頂部分を観察してみます。するとやはり、地肌が透けて見えるのです。明らかに、薄くなっています。まぁ、そういうお年頃ですよ。

職場には、わたしより年下なのに、もうすだれハゲになってしまっている男性もいます。他の部署なので、たまにしか会わないのですが、お会いするたびに進行度が見て取れます。可哀そうに(他人事)

自分の白髪もそうですが、どうしても髪の毛の印象というのは、年齢を感じさせます。

夫はどうでもいいとして、私自身も若い頃より、全身的に毛が減ってきています。

手足も昔はボーボーだったのですが、今はツルリンとしています。

若い時、あんなに悩んだムダ毛ですが、年を取るとこうなります。若い皆さんは、覚えておきましょう。レーザー脱毛なんて、除雪作業と一緒ですから。放置しておけば、時が解決してくれますから。お金をかけるだけ無駄ってもんです。

ところで、わたしは平日は掃除機ってかけないんです。疲れてるし、やる気力もないので、ずっと前からそういう習慣です。時々廊下の隅にいる、綿ほこりをつまんでポイッとするだけで、何の支障もなかったのですが、この抜け毛にはまいりました。

とりあえず、コロコロでゴロゴロする作戦を取っていますが、気持ち悪いくらい抜け毛がつくんですよねー。布団とか、畳とか、いっぱい落ちてるんだなと思うと嫌になります。やっぱ、コロコロかけるしか方法ないんですかね?